できるだけ失敗しない歯列矯正歯科の選び方

歯列矯正(アンカースクリュー)

日本では歯科医であれば誰でも矯正歯科の看板が掲げられるという事実をご存じですか?

このページではできるだけ歯列矯正で失敗しない歯科医院の選び方について説明したいと思います。私が実際に矯正歯科を選んだ時に重視したこと、またその結果どうだったのか実体験を元にお話しますね。

日本矯正歯科学会の認定医・専門医がいる歯科医院を選ぶ

冒頭でも記載したとおり、現在日本では歯科医であればだれでも矯正歯科の看板を掲げることができます。ということは全く歯科矯正の経験を積んでいなくても矯正治療ができてしまうということです。
そのような医師に自分の大事な口元を預けるのは不安ですよね。

そこで、その先生が矯正治療の知識や経験を持ちあわせているかチェックできるポイントがあります。日本矯正歯科学会から認定されている認定医・専門医であるかという点です。

日本矯正歯科学会の認定医・専門医とは?
日本矯正歯科学会 認定医の基準より更に厳しい審査をクリアした、日本矯正歯科学会 認定医・専門医のライセンスを取得している医師のこと。

日本矯正歯科学会HP 矯正歯科治療のQ&Aより抜粋≫
現在、本学会では資格制度を実施しており、審査に合格した先生に対して、一定以上の知識と技術を取得していると認定しています。認定医資格をもつ先生は、5年以上の矯正歯科の学識、技術および臨床経験を有しており、指導医は12年以上の研究、教育および臨床経験を有しており、多くは大学に所属しています。専門医はさらに高度な学識、技術はもとより豊富な臨床経験等を有している先生を認定しています。

上記の通り、日本矯正歯科学会の専門医や認定医である先生は矯正治療の実績が確かにあるということが確認できます。もちろん、これら資格を保有されていない歯科医師においても、高い知識や技術経験を有している先生もいらっしゃるとは思います。ですが資格を保有されている医師から選ぶ方が失敗が少ないのではないかなと個人的には思います。

実際にクリニックを探す時には、この日本矯正歯科学会のHPで認定医・専門医の一覧を簡単に検索できるようになっていますので、チェックしてみることをお勧めします。

矯正治療はご自身の歯並びの一生を左右する重大な治療ですので、近所から適当に選ぶのではなく良い矯正歯科を探すという事も失敗しない大事なポイントです。

自分が希望する口元に合わせて矯正方法を選ぶ

表側矯正・裏側矯正の選択

まず歯列矯正をするにあたって選択しなければいけないのが、表側矯正か裏側矯正かという点です。ブラケットという矯正装置を歯の表側に装着する表側矯正と、舌側に装着する裏側矯正という方法があります。
それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

表側矯正のメリット
・費用が安い(裏側矯正に比べて)
・矯正装置によるしゃべりにくさを感じにくい

表側矯正のデメリット
・矯正装置により口元がでてしまう(出っ歯の方は特に矯正中の見た目が気になる)
・虫歯になりやすい(裏側矯正に比べて)
裏側矯正のメリット
・矯正装置が見えないので見た目が良い
・唾液が循環しやすい舌側に装置がついているため虫歯になりにくい

裏側矯正のデメリット
・費用が高い
・矯正装置によって口の中が狭くなるのでかなりしゃべりづらい
・見えない部分に装置がついているため歯磨きしづらい

また、上の歯は裏側、下の歯は表側と別々に選択できるクリニックもあります。
私は審美性を重視して上下裏側矯正を選択しました。
実際に人とお話していても矯正装置を気づかれることはあまりありませんでしたが、しゃべりづらさに慣れるまでは大変でした。
私は上下裏側矯正を選択してよかったと思っています。

料金の違いについてですが、私が選択したクリニックでは上下表側矯正と上下裏側矯正では約50万円ほどの差がありました。かなり違いますね。。上だけ裏側だとその中間くらいの料金だったと記憶しています。

↓上表側矯正・下裏側矯正のイメージ図

上表側矯正・下裏側矯正のイメージ図
アンカースクリュー矯正(インプラント矯正)の有無

ワイヤーを用いた矯正方法には、通常矯正とインプラントを使ったアンカースクリュー矯正というものがあります。

アンカースクリュー矯正とは? 
歯を矯正治療用の”人工歯根(歯科矯正用アンカースクリュー)”で引っ張り、移動させていくという方法です。

通常矯正する場合は、 前から4番目あたりの歯を抜き、できた隙間をワイヤーで繋げ、その”歯と歯”がお互いを引っ張り合い隙間を埋めていきます。
その過程で歯並びが整っていく、という仕組みです。

アンカースクリュー矯正の場合は、”歯と歯”がお互いを引っ張りあうのではなく、上あごなど骨の固い部分にネジ(スクリュー)を差し込み、そこを支点として歯を動かしていきます。
顎の骨という固い部分に刺さったネジと歯を繋ぎ、顎の骨を基準にして歯を動かしていくので、歯の動きをコントロールしやすく、通常の矯正よりも歯並びの状態を大きく変化させることができるというメリットがあります。

しかし、その分また料金が高くなりがちというデメリットがあります。

アンカースクリュー矯正のメリット
・歯を抜かずに治療ができる
・力をかけやすいので矯正期間が短くすむ
・歯を上下左右にコントロールしやすくなり、ガミースマイルなどの治療も可能

アンカースクリュー矯正のデメリット
・費用が高くなる
・上顎や歯槽骨の部分など、固い部分にネジを差し込む時に痛みがある
・口内の装置が増えるため、口の中で感じる違和感が増す

私が選択した治療方法が、このアンカースクリュー矯正です。
この方法を選択したことにより、5万円のプラス料金が発生しましたが、健康な歯を抜くことなく出っ歯が治り、またガミースマイルも改善しました。
本当にアンカースクリュー矯正を選択して良かったと思っています。

番外編:マウスピース矯正

私は選択肢に含めていなかったのですが、マウスピース矯正という治療方法もあります。
これは、矯正器具(ワイヤーやブラケット)などを用いずマウスピースで力をかけて歯を動かしていく方法です。
着脱できるので歯磨きしやすい等のメリットがありますが、歯を大きく動かすことができません。そのため大きな変化を求めている方にはあまりお勧めできない方法となります。
逆に、そんなに歯並びは悪くないけどガタツキを綺麗にしたい、という方にはお勧めの方法です。

私はかなりの出っ歯だったので、このマウスピース矯正は選択することができませんでした。

アンカースクリュー矯正を選んだ理由

私が歯列矯正歯科を選ぶときに一番重要視した点はズバリ、

いかに健康な歯を抜かずに治療してくれるか
という点です。

矯正治療を開始したのが30歳だったので、なるべく老けたくないという気持ちがあり、健康な歯を抜くと余計ゲッソリと老け込んでしまうのではないか、と心配したためです。

しかし私は重度の出っ歯だったので、通常矯正では抜歯が必須になってしまいます。
そこで他に方法はないものかと調べた結果、アンカースクリュー矯正の存在を知り、都内の矯正専門医の認定を受けた医師が開院している矯正歯科に相談に行きました。

カウンセリングで歯のレントゲンなどを撮って診断していただいた結果、健康な歯を抜かずに治療可能と診断されたので、その矯正歯科で契約しました。

通常矯正との比較はできないため、実際に老けやすさについてどうだったのか、というのは正直わかりません。しかし、健康な歯を一本でも多く残せて綺麗になれた、という事実は今後何十年先も自慢となるでしょう。

以上が私の矯正歯科を選んだ経緯となりますが、実際ご自身にどの矯正があっているかというのはそれぞれ歯並びの状況にもよると思いますので、メリットデメリットを考慮したうえでカウンセリングを受けてみるのがおススメです。

その際、完成した歯の状態がどうなりたいのか、矯正中の状態がどうあってほしいのか等を、明確にした上で相談されるのが医院選びを失敗しないコツではないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました